ED(勃起不全)の原因・症状や、治療薬を解説しています。

EDとは?

ギクシャクした男女

ED(勃起不全)は男性の性機能障害のひとつで、ペニスが勃起しなかったり勃起状態が維持できないため、満足に性行為を行えない症状のことを意味します。
勃起しない状態のことを、インポテンツと呼ぶこともあります。インポテンツは性的不能を意味し、性行為を行えない症状を指します。
しかしEDは勃起不全・勃起障害なので性行為はできます。似たような症状になることもありますが、正確にいうとEDとインポテンツは異なります。

EDは健康な人や性欲旺盛な人でも、男性なら誰にでも起こる可能性があります。日本のED患者は推定1800万人で、成人男性の3人に1人がEDに悩んでいると言われています。
年を重ねるにつれEDになりやすく、ある調査によるとは60歳代では1.7人に1人、50歳代は2.5人に1人、40歳では5人に1人がEDであるとの報告もあります。
人数的には、30~40代の働き盛りの男性が最も多く生活習慣の乱れなどが原因でなります。20代の若い世代でもEDになることもあり、セックスが上手くいかなかったなどの心理的要因が主な原因となっています。

このようにEDは、年代問わず男性なら誰にでもなる可能性をひめています。悩める男性のためにED治療薬として、世界で初めて承認されたバイアグラ、即効性のあるレビトラ、長時間勃起を継続できるシアリス。現在はこの3種類がメインの治療薬として世界中で使用されています。
国内でもこれらのED治療薬を処方している病院は多くあり、通販でも購入できます。下記項目では、EDの原因・症状や治療方法などをより詳しく解説しているのでお悩みの人はご参考ください。

EDの原因

おでこに手を当てて悩む男性

EDは年齢を重ねるにつれなりやすくなる病気です。しかし高齢の人でも普通にセックスができる人もいれば、年齢が若くでもEDになり満足なセックスができない人もいます。
勃起になるには、何かしらの性的刺激により脳が神経を介して陰茎に信号を送る必要があります。この信号により、陰茎の動脈が拡大して血液が流れ込み勃起状態になります。血流障害があったりすると、陰茎の動脈が拡大せず十分な量の血液が流れ込まないため機能不全を起こしEDになります。
EDになる主な原因は3種類あり、「心因性」「器質性」「薬剤性」です。下記に、この3種類の原因をより詳しく解説しています。

心因性ED

心因性EDは、精神的・心理的ストレスが原因となり発症します。日常生活に何の支障もなく健康的に過ごしている人でも、女性とのセックスで心に傷を負うとなりやすくなります。
女性とのセックスに対して、不安を覚えてる人は多いかと思います。女性から、自分のセックスに対して不満を言われると、精神的ショックを受けそれが引き金となり発症へといたります。

「睡眠不足」「疲労・ストレス」「心配事」「経済的困難」「短小コンプレックス」などの現実的な要因が原因となることもあります。これらの要因は、ED治療薬や病院のカウンセリングで改善することもあります。
深層的な要因として「不安」「憎しみ」「妬み」「欲求不満」「ホモ・セクシュアル」などもあります。深層的な要因の大半は、無意識のうちや意識下の世界にあるため自分では見当がつかないこともあります。原因の解明まで長い時間を要すこともあるので、治療をしなかったり治療が遅れてEDがさらに悪化することもあります。

器質性ED

器質性EDは、心は健康なのに何かしらの疾患が原因となり発症します。「生活習慣病」「神経障害」「手術などによる外傷」、これらをお持ちの人はなりやすい傾向もあります。
EDはペニス周辺の血流が悪くなることで起こることもあります。生活習慣が乱れ糖尿病や高血圧になると、血管や神経が異常を起こし血流が悪くなります。

神経に異常があると、性的刺激を受けても陰茎までうまく伝わりません。そのため、感覚も鈍り勃起状態を維持しにくくなります。
前立腺がんなどの手術による外傷があると、血管や神経が損傷している可能性があります。損傷している箇所が多いと、血液の流れが悪くなりEDになりやすくなります。

混合性EDと呼ばれる症状もあり、前述の心因性と器質性が重なりあうことが原因でなります。この症状は原因が何かよく分からないことがあるので、心因性と器質性の2つの観点から見て原因を特定しなければなりません。治療をする際も2つの方面からアプローチする必要があります。

薬剤性ED

薬剤性EDは、飲んでいる薬が原因となり発症します。前立腺がんや前立腺肥大症などの治療に使われる男性ホルモン薬、ドーパミンを抑制したりセロトニンを活性化させるうつ病や高血圧症の薬を飲んでいる人は注意が必要です。
日本では薬剤性EDへの関心が低く、薬の説明書などにも副作用として記載されていることがほとんどありません。医師や製薬会社も、性機能への障害に関してそれほど興味を持っていません。
前述の薬を飲んでいる人は、ED治療をする際には主治医と十分に相談し正しい薬の知識を身につけるようにしましょう。

EDの症状

まっすぐなキュウリと曲線に曲がったキュウリ

EDの症状は人によって異なりがあり、感じる症状もさまざまです。主な症状は以下のようになります。

  • 性欲はあるけど興奮しても勃起しない
  • 挿入できても勃起が持続せず抜ける
  • たまに勃起しないことがある
  • 勃起しても十分に硬くならない
  • 勃起する時間が短い

この中に一つでも該当する項目があれば、EDになっている可能性は高くなります。何の対処もしなければ、症状は良くならず悪化する一方です。症状を改善するには、シアリスなどの薬を用いた治療をするのが一般的です。

「早漏」「遅漏」の人は特に注意が必要で、射精障害になっている可能性もあります。これもEDの症状の一つで、早漏は本人の意思に反して射精までの時間が短くなります。ここで射精したくないと思い我慢しても、しきれず射精にいたります。
遅漏は逆に、本人の意思に反して射精までの時間が長くなります。自慰行為のしすぎで、いざ本番では射精が遅くなることもあります。またトラウマなどの要因から、射精ができなくなる場合もあります。
射精はその名のとおり、精子が含まれた精液を体外に排出する行為です。射精して快感を得るためにセックスをする、という男性も多いかと思います。
射精障害になると、満足なセックスもできずに相手を喜ばすこともできません。子供が欲しいとお考えの夫婦には深刻な問題です。治療に関しては、パートナーと十分に相談して理解してもらい始めるようにしましょう。

EDの治療薬

検診する医師

ここまでEDの原因や症状について解説してきましたが、ED治療薬について知りたい人もいるかと思います。一般的なEDの治し方は、治療薬による薬物療法です。EDは一昔前までは治すのが難しい病気として知られていましたが、治療薬の登場とともに治った人も増え続けています。
ED治療薬といえば、バイアグラをお考えの人も多いかと思います。バイアグラはED治療薬の先駆的な存在で、1998年に世界初のED治療薬として承認され販売開始されています。
その後レビトラ、シアリスと治療薬が販売開始されています。現在はこの3種類の治療薬がメインで、世界中のEDで悩める多くの男性を救っています。

EDの自覚症状を感じた場合、病院で治療を受けることを検討される人もいるかと思います。病院治療を受ける際に気になる点といえば、「治療費」などではないでしょうか?
一般的には、ED治療には健康保険が適用できません。理由としては、EDは医学的観点から見ると病気として認定されてないことがあげられます。
腹痛や頭痛になり病院を受診した際は、健康保険が適用されます。腹痛や頭痛は、医学的観点から見て病気と認定されています。EDの場合は、日常生活をする際には絶対的な支障にはならないとされるため、健康保険が適用されない仕組みになっています。

治療薬に関しても同様の観点で、あくまでEDを一時的に治すものとして位置づけられており、根本的な治療方法には当てはまらないとされています。
健康保険が適用できない治療は、病院によって費用がさまざまで、同じ内容の治療をしたとしても異なりがあります。一般的にはバイアグラ50mg1錠の値段は「1,500~2,000円」ですが、病院によってはこの値段より安くなったり高くなったりします。
症状がひどいと感じるならば、病院治療を受けたほうが良いでしょう。しかし勃起はするが持続時間が短いなどの軽い症状なら、通販などを利用して薬をお求めのほうが費用が安くすみます。

治療薬を安く購入したいなら通販!

通販ではバイアグラはもとより、レビトラ・シアリスなども販売しています。ここでおすすめしたいのがシアリスです。
シアリスには2つの大きな特徴があり、「食事の影響が少ない」「長い時間勃起が持続する」点があります。バイアグラやレビトラは食事の影響を受けやすいとされ、食後30~1時間あけての服用が推奨されています。しかし、シアリスは食後すぐの服用でも問題なく効果があらわれます。
また勃起をサポートする時間も最大36時間ありバイアグラの5~6時間、レビトラの8~10時間と比べてもいかに長いかは明白です。このためウィークエンドピルと呼ばれ、現在では世界各国で使用者が急速に増え続けています。

通販はこのシアリスのジェネリック医薬品を販売しており、代表的なのがタダライズです。タダライズはシアリスと同様の効果・効能を持ちなおかつ安く購入できるメリットもあります。できるだけ安くEDを治療したいとお考えの人には最適の薬とも言えます。
EDは男性にとっては非常に深刻な問題で、病院にいくのをためらう人もいるのではないでしょうか?たとえ医者でも、自分のペニスを見せたりするのは抵抗もあるかと思います。通販なら誰にも知られず購入でき、飲んでることも秘密にできます。
EDになると、自信を失い満足なセックスをすることすらできません。手元に1錠でも薬があれば、いざという時にすぐに薬を使用できます。EDをできるだけ早く治すには、治療薬の使用は不可欠です。

↑TOPページへ戻る